教育分野

学校法人柳商学園柳川高等学校、国立大学法人東京大学教養学部、

一般社団法人ブレインアナリスト協会の3者による共同研究

この度、学校法人柳商学園柳川高等学校、国立大学法人東京大学教養学部、一般社団法人ブレインアナリスト協会の3者は「高校生の夢の実現に役立つ今までにないプログラムの開発」を目的とした活動の一環として「脳科学からアプローチした言語学習」の実証効果を検証する共同研究を実施することとなりました。

研究目的

新たに開発されたGabby NLTによる英語習得の効果について高校生を対象にして脳科学的に検証すること。

研究内容

普遍文法に基づいて英語文を生成する統辞プロセスに関わる脳領域を同定し、その領域の脳活動が高校生の個人差によってどのように変化するかを脳機能イメージングによって検証する。 

研究担当者

東京大学大学院総合文化研究科 : 酒井邦嘉教授

一般社団法人ブレインアナリスト協会は今回の共同研究において東京大学大学院総合文化研究科·酒井邦嘉教授と学校法人柳商学園柳川高等学校のコーディネイトと研究推進を行っています。

瀧谷会長・酒井教授・柳川高校古賀理事長・増田理事

学校法人柳商学園柳川高等学校「スマートブレイン·プログラム」のプロデュース&製作

柳川高等学校では2018年より「創造力を育むプログラム」「生徒の個性に沿った指導」「未来を見据えた教育」を総合して「スマート·エデュケーション」と称し、その具体化を推進しています。

さらに、その中の「創造力を育むプログラム」の一つの分野として脳科学からアプローチしたプログラムを「スマート·ブレイン·プログラム」と称して今回、その具体的なプログラムとして当協会が2件のプロデュースと製作に着手します。

スマートブレイン·プログラム1

東京大学大学院総合文化研究科

酒井邦嘉教授

(監修:出演)

「脳科学からアプローチする言語習得とは

~世界に向けて自己主張するために~」(仮題)

酒井教授  柳川高校古賀理事長

(タイトル)

酒井教授  瀧谷会長 

スマートブレイン·プログラム2

明治大学理工学部電気電子生命学科/

認知脳科学研究室  

嶋田総太郎 教授

(監修:出演)

「脳科学からアプローチする自己認知とは

~夢の実現に向かって~」(仮題)

(タイトル)

古賀理事長  嶋田教授  瀧谷会長

柳川高校スタッフ  嶋田教授  協会スタッフ

学校法人柳商学園柳川高等学校(福岡県)において

「ブレインアナリシス-S1」

が正式導入

スマートブレイン·プログラムの中の嶋田総太郎教授が担当される番組と連動して「自己認知」「自己確立」を促す一つのツールとして嶋田教授が監修されている「ブレインアナリシス-S1」が柳川高等学校に正式に採用されました。ここから全国の高等学校を始め教育機関に「自分を知ること」の重要性と併せて「ブレインアナリシス-S1」の導入を進めていきたいと考えています。

西崎理事   瀧谷会長   嶋田教授   増田理事